天皇陛下がインフルエンザ 宮内庁

宮内庁は29日、天皇陛下がインフルエンザにかかられたと発表しました。

37度台後半の熱などの症状があるため、同日の公務を取りやめ、皇居・御所で静養しているといいます。

同庁によると、陛下は27日午後から発熱を伴うせきなどの風邪の症状があり、28日夜、御所での検査でA型インフルエンザと診断されました。29日に予定されていた離任するタンザニア大使との面会などの公務は、日程を再調整します。3月1日以降の公務については、今後の症状を見て決めます。 


この記事へのコメント