駅伝 犬飛び出し 転倒選手の会社「飼い主から誠実な謝罪」

実業団対抗駅伝 コニカミノルタがコメント発表しました。

元日のニューイヤー駅伝2016inぐんま「第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(毎日新聞社など共催)で小型犬がコース上に飛び出した問題で、転倒したポール・クイラ選手が所属するコニカミノルタは24日、事故後に犬の飼い主から直接、誠実な謝罪を受けたとして、「当社としてもそのお気持ちをしっかりと受け止めております」とのコメントを発表した。

 この問題では、群馬県警高崎署が22日、飼い主の高崎市の男性(70)を市動物愛護条例(係留義務)違反容疑で高崎区検に書類送検している。


この記事へのコメント