渡辺謙が早期の胃がんで手術 米ミュージカル延期

俳優渡辺謙(56)が早期の胃がんで手術を受けていたことが分かりました。9日、所属事務所がマスコミ各社にファクスで発表し、渡辺も直筆のメッセージを寄せました。
01_spx300.jpg
※trendy.nikkeibp.co.jpより引用

 渡辺は「先日受けました人間ドックで早期の胃がんを見つけていただきました。幸い早い段階のものでしたので、早々に手術を受け、現在療養させていただいております」と報告。所属事務所によると内視鏡手術を受けたという。早期発見で良かったですね。

 また、自身もツイッターを更新し、「いやぁ驚きました。妻が行ってと勧めた人間ドックで癌発見。かなり早期なので早々に手術しました。(中略)この段階での発見は奇跡、点検は大事ですわ。妻、そして人間ドックを紹介してくれた娘にも感謝です」と、妻の南果歩(52)や娘の杏(29)に支えられたことを明かしました。

 渡辺は3月1日から約3週間、昨年に続いてブロードウェーミュージカル「王様と私」(米ニューヨーク・リンカーンセンター)に再出演する予定でした。「無理は禁物ではありますが、舞台に向けて鋭意準備を重ねております。NY公演のスタートが少々延びますことご理解いただけたら幸いです」とつづり、出演の延期を示唆しています。

 渡辺は先月20日に行われた所属事務所の新年会に出席。元気な姿を見せ、再演についても「ニュースタイルのキングでいきたい」と意欲を見せていました。


この記事へのコメント